« 世界三大料理 | トップページ | 消費税率50%案 »

農業ブーム

 渋谷を歩いている若者が、農業に興味を持つ。そして、実際にみんなで農家へと行き、農業を手伝う。しかしすぐに飽きる。こんなニュースを数ヶ月前にTVで観た。密かに、はやりつつあったものが、現在、トレンドとなっている。奇妙な時代だと感じる。単なるブームで行く分には、癒しとなるかもしれないが、農家のお百姓さんは、年がら年中向き合っているのだ。重労働で、天候とも戦わねばならない。これほどきついことが流行になるとは私は想像だにしなかった。

 しかし、農業がビジネスになるかもしれないと、三年ぐらい前によんでいた友人がいた。今になって思うと、その先見の明に驚かされると同時に、宮沢賢治の『もうはたらくな』を思い出す。一時的にやるのには、いいのかもしれないが、農業はそれほど甘くはない。喜びもあるだろうが、一昔前までは過酷な職業でもあった。

 私の母方の実家は蜜柑農家であった。農業でボロ儲けしていたのは、戦後の一時期のみであり、あとはずっと苦しい思いをしてきた。母を含め子供三人に跡を継がせなかった。それだけ厳しいからだ。私の祖母は働きすぎて、私が幼稚園の頃から腰が曲がっていた。それでも食べていくために必死で働いた。

 結果、高齢化に伴い、もう、畑はたたんでしまうらしい。

|

« 世界三大料理 | トップページ | 消費税率50%案 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006913

この記事へのトラックバック一覧です: 農業ブーム:

« 世界三大料理 | トップページ | 消費税率50%案 »