« 飲み過ぎた | トップページ | おかしな気候 »

野村ID野球についての会話

 大学の語学の授業での会話。当時ノムさんはヤクルトの監督として、データ重視野球をスローガンにしていた。その戦略は、野村ID(Inportant Data)野球と、ノムさん自らが命名したのである。

A:「野村ID野球、納得がいかねーよ」

B:「何でだ?強いじゃねーか」

A「そういう問題じゃねえ。Inportant Dataは、どう考えても『データ重視』という意味にはならない。かといって、『野村重要なデータ野球』と訳してしまうと、スローガンとはならない。それならばまだ、Inportance of Data(データ重視、データの重要性)にした方が、つじつまが合うんじゃねーか」

B:「なになに、ちょっとまてよ。え~と(考えること一分)、そうだ、その通りだ」

A:「そうだろ。これで胸につかえていたものがとれたよ」

B:「まあ、ノムさんだから仕方がねーよな」

|

« 飲み過ぎた | トップページ | おかしな気候 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006930

この記事へのトラックバック一覧です: 野村ID野球についての会話:

« 飲み過ぎた | トップページ | おかしな気候 »