« おかしな気候 | トップページ | 環境技術取引論 »

子犬の成長

 今日は弥吉君の病院の日なので、早めに起きてblogを仕上げてから行こうと思ったのだが、先週と同じく寝坊して七時に起きてしまった。幸い弥吉君の咳や喉なりは収まったのだが、診察の結果は、もう一週間様子を見てからワクチンを打ちましょうとのことだった。診察時間は十分足らず。このために往復五時間かけて渋滞の中を走ったのだから、疲労困憊である。正直眠いが、動物病院にしては凄く丁寧かつ慎重に看てくれる病院であることに感謝している。おかげさまで弥吉君も元気どころか腕白に育っている。そういえば、今日は私の荒い運転でも、朝食を戻さなかった。と言うより、後部座席に置かれていたプラスチックのかごの中で寝ていたようでもある。最初車に乗せたときは吠えまくっていたが、最近は慣れたものでおとなしい。基本的に吠えない犬なのである。吠えたときの声はカン高い。

 他にも、排泄は犬用のマットの上と躾けてきたら、二週間ぐらい経ってやっと習慣付いてきた。粗相をしたときには、犬小屋の中に懲役二時間とかという具合に罰を与える。しかし、結局十分ぐらいで出してしまう。躾になっていないのかもしれないが、ニュアンスは伝わる。

 現在はお袋に甘えている。お袋のおなかの上で寝るのが一番気持ちがいいみたいだ。この上ない顔をしている。しかし、前に飼っていたミニダックスの弥七君と弥吉君は結構共通項があるので面白い。もっとも、これは犬種に寄らないのかもしれないが。子犬の成長を観察しているとなかなか面白い。まあ、寝ている時間が多いが。

|

« おかしな気候 | トップページ | 環境技術取引論 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006932

この記事へのトラックバック一覧です: 子犬の成長:

« おかしな気候 | トップページ | 環境技術取引論 »