« 余命宣告されてから | トップページ | 正座45分 »

一周忌を迎えて

 今日は親父の一周忌である。去年の14日には、深夜ぎりぎりまで病院にいて時計を11:30にセットして寝た。泊まり込みが続いていた母に、代わろうか、と言ったが母は病院にずっといた。家に帰った私は愛犬の弥七君仁尾面倒を見てからの睡眠だった。

 朝方、弥七君に顔をなめられて起こされる。何時だと思ったら六時前だった。弥七君のドッグフードと、水が入っていることを確認し、病院へと出発。着くとすぐに父の病室に向かった。母は相変らずの徹夜続きで、少しだけ変わった。この一晩で意識がなくなると聞かされていたが、父は、胸が熱いものの、意識ははっきりしていた。酸素マスクが外れた瞬間に、父は意識がなくなった。あわてて看護婦さんを呼ぶにしても、父の血中酸素濃度は下がってゆく一方だった。丁度弟たちが来た頃に、父は脈が亡くなった。弟と私で、父の手を握っていたが、まもなく臨終となった。葬式には親戚しか呼ばなかった。

 そして今日、一周忌を迎えた。我が家でやるのだが、狭いので全員はいるかどうかは解らない。生臭い(四十九日日の時の)坊主が来たら、私は我慢はするが、限界を超えたら殴り飛ばしてしまうかもしれない。

 寺も寺だ。年会費が5000円で通帳の番号まで教えろと言ってきている。これでは振り込み詐欺と同様である。坊主の堕落もひどいものだ。

|

« 余命宣告されてから | トップページ | 正座45分 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006895

この記事へのトラックバック一覧です: 一周忌を迎えて:

« 余命宣告されてから | トップページ | 正座45分 »