« バンコクの街 | トップページ | 喧嘩しなくなったなあ »

風邪と喫煙と注意と

 昨日だったか、起きてから余りに体調が優れないので、行きつけの内科に行った。お袋も同行したのだが、お袋はお袋で、がんの検査結果(異常なし)やら、血液検査の結果を聞きに行っていた。お袋は親父ががんで入院しているときから風邪を引き、一年間、ずっと調子が悪かったとのことである。風邪なのか炎症なのかを調べてもらっていたのだが、炎症反応が出たらしく、消炎剤をもらっていた。また、糖尿の気があるとも言われたらしいが、私が考えるに、当たり前のことである。仏壇にお供えした和菓子がしょっちゅう変わっているのに、私は一つも食べてはいないからだ。どちらにしろ、養病してもらいたい。

 私が診察室に入ると、先生はマスクをしておられた。症状を述べると、聴診器で体の音を聞いて下さり、その後、ベッドで腹回りの触診をしていただいた。結果、風邪および過敏性の下痢と診断された。薬を処方していただき、その場で飲んだ。結果、大分楽になった。

 そうそう、診察が終わった時に、「煙草は吸わないように」と言われたが、多分、汗ばんだTシャツにアンモニアか何かのにおいが付着していたのだろう。「気をつけます」と返したが、ここのところ喫煙者への迫害が厳しく、外で喫煙するにも肩身が狭い。ニコチンパッドとミントか何かで禁煙しようかとも考え始めた。しかし、仲間との集まりでは、大学時代の友人で半々、中高時代の友人では、みんなバカスカ吸っている。しかもお酒が入ると、吸うスピードが、加速度的に早くなってゆく。まあ、人は人なのだが、みんなストレスがたまっているんだなと実感する。とりあえず私の場合、まずは風邪を治さなければ。

|

« バンコクの街 | トップページ | 喧嘩しなくなったなあ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006906

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪と喫煙と注意と:

« バンコクの街 | トップページ | 喧嘩しなくなったなあ »