« 喧嘩しなくなったなあ | トップページ | 教師達の対策 »

ニコチンパッド

 行政や企業が禁煙地域を広げる中、喫煙者として肩身が狭くなってきている。一昔前では、高校生の頃から、先輩に勧められたりして、吸う習慣が身についたりするものだった。それが今や悪癖のように叩かれる世の中になってしまった。確かに煙草は有害だし、健康を損なう。喫煙者で80まで生きれば大したものである。しかし人間には、自己否定願望というものもあって、自らを傷つける願望がある。青少年の早死に願望(これは自殺願望とは異なる)だったり、色々とある。それを大人達は一方的に否定しても良いのだろうか?

 私は昨日からニコチンパッドを張っている。結果、吸う量が1/4に減った。これはこれで効果はあるのだろう。高価なものだったが(一枚あたり煙草一箱ぐらい)、自分が禁煙できるか試しに張ってみたい願望に負け、買って、張ることにした。最初は心臓に来た。次に煙草があっても無視できるようになった。

 私はこのblogを書く際に、相当神経を使っている。頭の中でシミュレートしながら毎日書いている。そこではものすごく神経を使う。こういう場合は一服してしまう。ニコチンパッドなど効き目がない。他の仕事だってそうだ。これを書いている間に煙草を三本吸ってしまった。

 と、いうことは、私の喫煙は、ストレスの解消のためかもしれない。

|

« 喧嘩しなくなったなあ | トップページ | 教師達の対策 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006908

この記事へのトラックバック一覧です: ニコチンパッド:

« 喧嘩しなくなったなあ | トップページ | 教師達の対策 »