« ごくせん | トップページ | イチローを見習え »

階段が上れない

 昨日、いつも通りに過ごし、そろそろ寝るか、という段になって、座椅子からなかなか立ち上がれないのに気がついた。筋肉が落ちたとはいえ、まだ動けなくなるような歳ではない。四つん這いの姿勢から何とか立ち上がった。立って歩く分には問題ない。酔っぱらってコケたことは何度もあるが、軽く酔っていただけなので、後ろに何もないことを確認してから、屈伸運動をやろうとしたら、コケはしなかったものの、一回しかできなかった。その際、太ももにものすごく力を入れた。『何かがおかしい』とは思ったものの、一過性のものだと決めつけた。

 いつも通り、荷物を持って階段を上がろうとしたときに、二段目で後ろにひっくり返った。ひっくり返るのにも慣れているので、すぐに受け身を取ったが、階段だったので、頭の延髄あたりを床に強打した。かなり派手にコケたので、お袋が救急車を呼ぼうか、と言ったが、折角の朝型が崩れると思い、遠慮した。

 元来、体は頑丈なので、こういう経験は初めてである。今、試してみたら、10cm位しかジャンプが出来ない。膝と足首には問題はなかった。太ももの付け根がどうもおかしい。しかし、ビリージーンの腰を振るダンスをやってみても問題ない。神経系統がいかれたのかと思い、体中をさわるが感覚はある。いったいどうしたのだろう?

 とりあえず、今日辺り、整形外科にでも行ってみますか。

|

« ごくせん | トップページ | イチローを見習え »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006872

この記事へのトラックバック一覧です: 階段が上れない:

« ごくせん | トップページ | イチローを見習え »