« 写す奴、間違えた | トップページ | 自分の力でやれ »

辞書に書き込め

 私の通っていた大学は、カンニングがばれると、全ての単位がワンランク下がるシステムだった。つまり、優が良に、良が可に、可が不可になるという具合に。ここで、カンニングをするような奴は、私も含めて成績が悪いからするのであって、特に可が不可になるのがもっとも痛かった。よっぽど努力しなければ留年が待っている。そしてばれた奴は、悔い改めるのである。

 かくいう私も一度ばれたことがある。大学二年の理科系独語読解の試験でだ。辞書持ち込み可だったので、私は授業でやったところの自筆の写しを辞書に忍ばせて、辞書を引く振りをしながら、写していた。そのうちに面倒になって、写しを机の上に広げて、写し始める。すると前方に人の気配がした。先生である。「これは預かっておくよ」と言われ、「はい」としか言いようがなかった。留年も怖かったが、とりあえず気持ちを切り替えて、その試験に集中することにした。自力で完答したが、私はクラスを一番最後に出ることにした。

 最後に答案用紙を提出した私は、「今後の勉強のために先程の用紙を返していただけないでしょうか?」と聞いた。おじいちゃん先生は「いいよ」と言ってすぐに返してくれた。この瞬間に、多分、お咎め無しだろうと直感した。授業もまじめに受けていたし、試験監督が、おじいちゃん先生ただ独りなのが大きかった。事実、お咎め無しだった。単位も不可ではなく、良だった。友人達は文句を言っていたが、助かったのはありがたかった。

 しかし、独文を日本語に訳す試験で、今までやったところから出題され、辞書持ち込み可ならば、ようく考えると、辞書そのものに書き込んでしまえばよかったのである。後で気付いて、『俺、阿呆やな』と思ったが、その戦法は余りに卑怯すぎるとも感じた。

|

« 写す奴、間違えた | トップページ | 自分の力でやれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006841

この記事へのトラックバック一覧です: 辞書に書き込め:

« 写す奴、間違えた | トップページ | 自分の力でやれ »