« 寝っぱなし | トップページ | 辞書に書き込め »

写す奴、間違えた

 大学一年の時、必修科目で数学第2(確か解析学の初歩)という科目があり、担当講師は『仏』と呼ばれるくらい、単位については寛容だった。そんなある中間テストで、100点満点で50点以上取ったら、『良』は保証するというものがあった。その他はレポートである。私は遅めに行ったので、教室の一番後ろの席しか空いていなかった。問題を解き出すと半分ぐらいは解けた。後は解らなかったので、隣に座っている初対面のクラ友のものを写させてもらった。どんな奴かはよく知らなかった。

 数日後、語学の時間、やはり私が遅れて席に着くと、仲のいい奴から、声を掛けられた。何だか指でこちらにサインを送っている。まもなく、それがテストの結果である事が解ったのだが、事もあろうに、私は49点を取ってしまった。たった1点足りないだけで、レポートを書く羽目になってしまった。この時ほど、私は自分が勝負弱いと思ったことはなかった。

 そして、答案用紙を観ると、私が解いたところは全て正解であったのに対し、写したところは全て不正解だった。後で知るのだが、この写させてもらった奴は、二年に上がれず、留年したとのこと。つまり私は、自分よりも解っていない奴の答案を写していたのだった。

 間抜けなミスをしてしまったものである。この後、数日間はレポートで苦しんだ。15P位あったと思う。単位はくれたが、写す相手を間違えたことに関しては、猛省したものである。

|

« 寝っぱなし | トップページ | 辞書に書き込め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006840

この記事へのトラックバック一覧です: 写す奴、間違えた:

« 寝っぱなし | トップページ | 辞書に書き込め »