« 思い出話が多すぎる | トップページ | 怒り »

男兄弟と婚期

 先日の高校時代の飲みでは、私ともう一人以外は既婚者であった。もう、小学生になろうかという子供さんがいる。うらやましいなと思う反面で、まだまだ俺はこれからという思いも湧いてきた。みんなの結婚式に出席したし、みんなが独身の頃によく遊んだ。

 飲み会の参加メンバーをよく見てみると男しかいない。大学時代の場合もそうだ。そんな中で、もしかすると、男兄弟で、男子校に通っていた奴ほど婚期が遅いのではないかと感じた。データ解析してみてもその傾向は顕著である。多分女心が解らないからだろう。ここに、男兄弟の場合で男子校出身者の不婚率の碑を掲げる。

 私の場合は、いささか事情が異なる。大学一年の時は異性としゃべれなかった。これは何とかせねばならぬと、飲み会という名の合コンを繰り返した。百回はしていないが、五十回以上、顔出しした。そこで見いだしたのは、モテる奴というのは容姿ではなくて、いかに相手を引きつけるかというキャラクターだと思った。自分でそれが発揮出来だしたときに、僕は参加するのを辞めた。本当にいい女など合コンには来ないからである。もちろんそれまでの女とも関係を持ったこともないし、電話を掛けたこともない。社交辞令上電話番号を聞くことはあ在ったが、掛けたことはない。これって失な事なのだろうか?

 合コンについてはいくらでも書けるが、封印しておく。別にやましい事もない。僕は肉体関係を求めていたのではなく、単に女性と普通に話がしたかっただけだからだ。解れば解るほど退屈になるだけだった。コンプレックスは解消されたのだが、嫌な思いで帰ることも多かった。大体、男子校出身の奴はワガママである。それを手の上で踊らせるぐらいの器量がなければ、女性は務まらない。バトルである、と言っても男が折れるしかないのだが、その後の対応の仕方で女が決まる。狭い心を持った女性というのは魅力がないのだ。

|

« 思い出話が多すぎる | トップページ | 怒り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006789

この記事へのトラックバック一覧です: 男兄弟と婚期:

« 思い出話が多すぎる | トップページ | 怒り »