« 男ならば | トップページ | 妄想癖と集中力 »

親友からの電話

 昨日も含めて数日前から電話をくれている友人がいる。最近は、自室ではなく、下の居間のテーブルでTVを消して勉強しているが為に、音が聞こえないのだ。だから、何回も電話をくれたのに、とれなくて悪いと思っている。しかも最近は疲れ切ってしまったときには、居間の座椅子で寝てしまう。昨日もそうだった。これをやると体がビシビシになる。今日は肩が凝っている。簡単な話、携帯電話を帯同すればいいのだが、ついつい忘れてしまう。「かけ直せばいいじゃないか」という方もいるだろうが、彼は目茶苦茶忙しいのである。かけ直すこともあるが、大体タイミングがずれてしまう。

 みんな働き盛りで、連絡はメールで取ることが多い。メールで用件を言ったら、あっという間にリプライがくる。忙しい友人ほど、メールのリプライが早い気がする。コンピューター嫌いの私なぞは一日に三回メールボックスを観ればいい方である。一日一回の日すらある。

 電話をくれた友人は、親孝行でもある。去年、両親や親類、家族でハワイの自然を楽しんだそうである。次はマチュピチュにでも両親と家族を連れて行きたいと言っていた。親が生きているうちに孝行するのは大切なことだと思う。私も、せっかく定額給付金が入ったことだし、土日で晴れた日があったら、お袋に五色沼にでも行かないかと誘ったが、故親父との旅行の思い出がたくさんあって、そういう気分には、まだなれないと言っていた。行けるようになったときのために、お金は貯金しておこう。ところで友人は何に使ったのだろう?今度、聞いてみよう。

|

« 男ならば | トップページ | 妄想癖と集中力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006793

この記事へのトラックバック一覧です: 親友からの電話:

« 男ならば | トップページ | 妄想癖と集中力 »