« こうしてはおけぬ | トップページ | 腹立ち煮えくりかえる »

思いやり

 昨日も弟の次男が来たのだが、水疱瘡は大分よくなっていた。相変わらずのハイテンションに、寝不足気味の私は、眠りこそしないまでも、途中までボーッとしていた。母と私で相手をしてやっている間に、あっという間に時は過ぎ、弟のかみさんが迎えに来た。次男坊は野菜(特に生野菜)が好きらしく、母は冷しゃぶを用意してくれた。次男坊は喜んで食べていたが、肉は食べなかった。これに対し、長男坊は肉が好物なのである。今日は長男坊の話を書く。

 長男坊は現在、小学校の四年生だが、幼稚園生のころ、『おじいちゃん、おばあちゃんとふれあう会』というのに私の両親も参加した。母は長男坊の所へ、故父は、誰も来てくれなかった園児達のグループに入ったそうである。園児達から「好きな食べ物はなんですか?」と聞かれた故父は、「お肉」と応えた。すると、そのグループの園児達は、「豚肉?」「豚肉?」と聞いてきたそうである。その他いろんなイベントがあって、閉会したのだが、誰も来てくれなかった園児達は、よっぽど嬉しかったのか、両親が帰るときに、みんなで「じいじ、バイバイ!!」といつまでも手を振ってくれたそうである。この一件以来、母は、長男坊の故父を見る目が変わったという。

 また、長男坊が小学校の低学年の頃、友達に、「トイレに行くから待ってて」と言ったところ、友達が先に帰ってしまったことがあったらしい。このことを家に帰ってきて弟のかみさんに告げると、弟のかみさんは、さりげなく、「きっと聞こえなかったんだよ」とフォローしたらしい。偶然、私の母が居合わせていて、感心したそうである。

 ちょっとした心配りや思いやりが、如何に大切なことか。

|

« こうしてはおけぬ | トップページ | 腹立ち煮えくりかえる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006810

この記事へのトラックバック一覧です: 思いやり:

« こうしてはおけぬ | トップページ | 腹立ち煮えくりかえる »