« 親友からの電話 | トップページ | マドリッドの街 »

妄想癖と集中力

 以前にも書いたが、私はガキの頃から、妄想癖があった。妄想に集中してしまうのである。他の人が何か話していても、一旦集中してしまえば、何も聞こえなくなる。これは私の悪い癖なのだが、今更、治りそうもない。以下に昔の失敗談を挙げる。

 小学校の一年生の時、「入学記念のクラス写真を撮るから正装してくるように」と担任に言われたが、私はこれを聞いていなかった。だから、当然、普段の服で行った。私以外にも正装してこなかった奴もいたが、しましま模様の服を着て行ったので、断然私が目立ってしまった。だから相当馬鹿にされた思い出がある。悔しかったので、始業式の時に正装していったら、みんな普段の格好であった。私はもっと馬鹿にされて、「社長」というあだ名をつけられてしまった。あだ名自体はいいのだが、由来が由来だけに、私はマヌケなミスを繰り返したことになる。

 幼稚園の時にも、話を聞いていないが為のミスをしたことがある。遠足の前の日に、担任から、「明日は遠足だから、弁当を持ってくるように」と言われたにもかかわらず、私は普段の格好で行った。バスに乗る前に、弁当を持ってきていない旨を先生に告げると、驚かれたが、昼食の時、ご自分の弁当を分けてくださった。

 いずれも話を聞いていないが為のミスなのだが、今でも何かに集中してしまうと、返事をしないことがある。治したい悪癖であるが、のめり込んでしまうのである。これは長所でもあるが、短所でもある。特に、人に迷惑を掛けないように気をつけねばならない。

|

« 親友からの電話 | トップページ | マドリッドの街 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006794

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想癖と集中力:

« 親友からの電話 | トップページ | マドリッドの街 »