« 早く治さねば | トップページ | 左目で読む »

声が森進一状態

 風邪で体調が優れない。昨日は十八時間ぐらい寝ていた。今回の風邪は、思だるい状況が長期間続く。喉の痛みから始まり、ひどいときには声が森進一状態となる。胃腸に病原菌が行ったためか、腹も下しがちである。風邪とはいえ、なかなか侮れない。

 そういえば我が家は、愛犬の弥七君も母も現在風邪を引いている。誰が感染源かという話は馬鹿馬鹿しいのでしないが、弥七君である可能性が強い。一番早くに、くしゃみを連発したからだ。次には母が体調を壊し、私が風邪を引いた。毎晩、愛犬の弥七君が私のベッドで寝ているのも大きいかもしれない。でも憎めないのである。

 弥七君の名付け親は私であるし、草原で風を浴びながら走ってくる弥七君のかわいらしさはこの上ない。ただ、弥七君は物欲が強いのか、フリスビーを投げても、素直には戻ってこない。これは多分、我が家で初めて犬を飼ったせいもあり、躾の問題なのかもしれない。

 そんなこんなで、風邪の話を書くつもりが、愛犬の弥七君の話になってしまったが、起きてから約一時間、私の頭はさえない。そろそろ資格の勉強の続きでもやりたいのだが、体が許してくれるか解らない。・・・それにしても最近は学問らしいことをやっていない。優雅に平家物語の研究などしていない。家には夏目漱石の全集と小林秀雄の全集があるが、のんびりと読む時間が無くなった。。時間の使い方をもう少し工夫せねばなるまい。

|

« 早く治さねば | トップページ | 左目で読む »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006773

この記事へのトラックバック一覧です: 声が森進一状態:

« 早く治さねば | トップページ | 左目で読む »