« 五寒二温だろ | トップページ | 勘違いだったのか »

断腸の思い

 私がしでかしたことの何が原因かは、現在明確ではないが、下手をすると友人一人を失ってしまう可能性が出てきた。お互いに、もう、十五年来の付き合いで、いろんな事があった。お互いで喜び合い、お互いで悲しんだりもした。失敗も笑って済ませた仲である

 一ヶ月前に、彼から『絶交宣言』を受けたときには、私には何のことだか解らなかった。この一ヶ月間、『なんでだ?』ばかりが脳裏をよぎり、なかなか寝付けなかった。同じ釜の飯を食ってきた間柄と言えば表現が古いかもしれないが、まさしくそうなのである。

 彼とは大学の二年生の時のクラスメイトだった。出会った頃の経緯は述べないが、最も早く仲良くなり、最も早く知り合った仲でもある。鍋を囲み、みんなで、そこはかとない話をしてはよく笑った。

 私は自分には何も後ろめたいことがなかったので(厳密に言うといくらでもある。それでもお互いに許し合ってきた)、何が彼を怒らせているのかが解らない。彼は「自分の胸に聞いてみろ」と言うが、本当に悪気を持ってやったことは一度もないのである。

 現在、この言葉を彼が許してくれるか解らないが、僕は今でも『親友』だと思っている。嵐が来ても揺るがない友情を信じている。

|

« 五寒二温だろ | トップページ | 勘違いだったのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006749

この記事へのトラックバック一覧です: 断腸の思い:

« 五寒二温だろ | トップページ | 勘違いだったのか »