« 勘違いだったのか | トップページ | やっさん武勇伝 »

500円玉貯金

 去年の暮れ頃から、お袋と500円玉貯金をしている。500円玉が出来たら、使わずに黙って入れるというルールである。昨日も二枚ほど入れた。貯まってきて、貯金箱に500円玉を入れると、ジャリンという音が鳴るのが楽しくもあるが、500円玉貯金をすると、当然、お札が無くなるペースが速くなる。これは痛い。

 何でこんな事を始めることになったかと言うと、小金が必要になった時のための備えである。以前、親父とお袋と私とでやっていた時は、20万くらい貯まった。一番たくさん入れたのがお袋だったのだが、私は、時々、渋々にしか入れていなかった。ある日、貯金箱の中を見たら、空だったので、何に使ったのかを尋ねたら、宝くじを購入したとのこと。相当な枚数の宝くじを見せてくれたのだが、もし当たったら、比例配分で、親父とお袋が九割、私が一割もらうこととなった。あいにく、その宝くじは外れたのだが、私は、用途に疑問を持った。

 そんな私が、何故、今回、500円玉貯金を始めよう、と提案したかというと、愛犬の弥七君のためである。満十一歳になっても、食欲も性欲も旺盛で、いい便をしていて、健康なのだが、もう老犬なので、いつ病気になったり、他界するか解らない。病気の場合、犬には保険がきかないので、かなりの額が必要なのだ。他界した場合も同様である。もし、骨になったら、庭に埋めてあげるつもりだ。だから今回は私も、積極的に参加している。・・・こんな話をしていたら、それまで寝ていた弥七君が、炬燵からひょいと顔を出し、『勝手に殺さないでくれ』と言わんばかりの表情をした。もちろん健康で長生きしてもらいたいのは当然の話である。

|

« 勘違いだったのか | トップページ | やっさん武勇伝 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006751

この記事へのトラックバック一覧です: 500円玉貯金:

« 勘違いだったのか | トップページ | やっさん武勇伝 »