« Where do you from? | トップページ | とりわけ »

第二次結婚ブ-ム

 大学時代の知り合いから電話がかかってきた。昔、さんざん、合コンとナンパを共有した友達である。また誓って言えるのは、二人とも、一度もお持ち帰りはしていない、ということだ。学生時代は、彼が合コンを持ってきてくれるのだけれど、いざ、実践となったら余り目立たない方だった。そんな彼が結婚することを祝福する。

 今日は結婚の話が多いなど、祝賀ムードでもある。まずは十歳下の従弟が結婚するとのこと。披露宴はやらないらしいが、大学の同期の中国人の女性と結婚するらしい。母の妹であるおばさんなどは、二年も反対してきたが、母の、「今時、日本も中国もない。こだわりなさんな」という言葉で許したらしい。愛することに国境はない。

 もう一つ感じたのは、大体、男なら、25~30位の間に第一次結婚ブームが来る。下手をすると、毎週披露宴などということもある。披露宴でうまい飯を食ったことはないが、いつも期待する。飯はともかく、楽しく、明るい披露宴であればいいのだ。

 次に、35歳以降に第二次結婚ブームが来る。妥協ではなく、やはり恋愛結婚なのだろうが、いささか花が咲くのが遅いといった感触か・・・自分のことを振り返る。結婚はしたい。けれど、魅力的な女性が日本では数少ない。自分自身も、もっと、しっかりしなければならない。遠い話だ。そんなことはどうでもよくて、改めて友人の結婚を祝福し、幸多かりしことを祈る。いい披露宴になることを期待する。

|

« Where do you from? | トップページ | とりわけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どうもありがとう!
過去の懐かしい話も、今後も俺らの未来もまた熱く語ろうぜ!

投稿: AS | 2009年3月11日 (水) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006728

この記事へのトラックバック一覧です: 第二次結婚ブ-ム:

« Where do you from? | トップページ | とりわけ »