« リバウンド・ストップ | トップページ | 歯医者の憂鬱 »

蜜柑と魔法の鍋

 私の母方の祖父母は瀬戸内海で蜜柑を作っている。なので、我が家では、蜜柑を買ったことがない。私は毎年それほど食べはしないが、母は、蜜柑に育ててもらった、と言っていつも食べていた。蜜柑農家と言えば、現在は低迷しているが、戦後まもなくの頃は景気がよかったらしい。じいちゃんがリュックいっぱいに札束を持って帰ってきたと、母から聞いたことがある。

 おいしい蜜柑の見分け方なら私にもわかる。市販のものは、磨いて光沢を出しているのでおいしそうに見えるが、見分け方はそんなところではない。皮が薄くて、蜜柑の実が皮の外まであふれ出しているようなものがおいしい。実が外からでも判るものだ。アメリカ産のオレンジなど格下もいいところだ。

 おいしいものと言えば、最近、圧力鍋に凝っている母の料理もおいしい。圧力鍋で味が落ちるものかと思っていたら、草加の飲食店『Katsu』の店長が、味は落ちないと言っていた。いわゆる、「魔法の鍋」だと言うのである。専門だから間違いなかろう。それにしても最近は、ラーメン屋に行く機会がものすごく減った。お袋の作るタンメンの方がよっぽど旨いのである。海鮮風だが、友人にも好評だった。

 何はともあれ、おいしいものに囲まれている私は果報者なのだろう。

|

« リバウンド・ストップ | トップページ | 歯医者の憂鬱 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006688

この記事へのトラックバック一覧です: 蜜柑と魔法の鍋:

« リバウンド・ストップ | トップページ | 歯医者の憂鬱 »