« 同系色 | トップページ | 繰り返してきた過ちに »

受験

 去年も書いたが、入試とは易しいところから受けていって、ステップアップしていくものである。僕が受験生だった頃は、第二次ベビーブームと重なって、都内の大学は恐ろしい倍率だった。親が下宿はさせられないというので、何としても合格する必要があった。しかし、行きたい大学は実質倍率で3~4倍あったし、なかなか確信が持てなかった。何度も模試を受けているうちにふと気が付いた。3倍と言っても、三人に一人は記念受験。実質は二人に一人、つまり、同じだけ努力してきた人間が、自分の影と骨を削って殺し合うものだと。

 現役の時に体調管理で失敗したから、一浪の時は徹底的にに生活リズムを整えた。すると、自然と、夜になると眠くなるのである。受験前日もそうだった。気の弱い友人は、酒の力を借りたらしいが、既に酒の味を覚えている私には、その戦法は使えなかった。毎晩、親父のビールを頂戴し、金箔入りの日本酒を引っ掛けていたのだ。これではお酒で眠れるはずもない。両親は気付いていたみたいだが、私の合格後に文句を言った。親の情けである。

 私は宅浪して大学に行ったが、一週間に一度は遊ぶ日を作っていた。そうしないと持たないのである。一日十二時間ぐらい寝ていた私は、起きている間はほとんど勉強してた。そんな時の夜の楽しみが缶ビール二本であった。タバコも気分転換に相当吸っていた。

 私はのべで四ヶ月しか集中力が持たなかった。普段からコツコツとやっている人が羨ましかった。

|

« 同系色 | トップページ | 繰り返してきた過ちに »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006682

この記事へのトラックバック一覧です: 受験:

« 同系色 | トップページ | 繰り返してきた過ちに »