« 学校 | トップページ | 株を買う »

 私は今まで一度も、「この株は買うべきだ」などと言ったことはない。株でもうけること自体が間違っていると思うからだ。一度、株で利益を得たら、収拾が付かないと考えている。この不景気の中、株を買うのなら、金持ちでなければならない。金持ちにとっては、今が収穫期なのである。我が家にそんな金はない。

 しかし、チャンスと思えばチャンスでもある。明日あたり、友人の会社の株を一株買ってもいいと考える。友達の会社の株で儲けようとは思わない。当たり前のことだ。しかし、新聞の経済欄を見ると底を打った気がする。イスラエルの安定化も関係しているのではないか。

 イスラエルは今や戦場じゃないか、という意見もあるだろう。しかし、あれは一方的な侵略なのである。ガザ地区を焦土にする作戦としか考えられない。・・・いつになったら、人間は愚かな道を歩まなくて済むのだろう。一神教同士が争っても、きりがないのだ。

 株が安いと言っても、少なくとも3年、長くて10年は不景気が続くだろう。そう考えると、金とは時間を買うためにあるような気がしてならない。つまらない欲はかかないに超したことはない。ここで改めて響く言葉がある。「友達の会社の株で、もうけようとする奴は本当に友達なのか?」昔、私自身が放った言葉である。

|

« 学校 | トップページ | 株を買う »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006637

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 学校 | トップページ | 株を買う »