« 寺に行く | トップページ | 『Katsu』の味 »

ミュンヘンの街

 僕がミュンヘンの街を訪れたのは、十年以上前のことである。ミュンヘンとはドイツ南部の街でビールの都でもある。

 ヨーロッパを鉄道で旅していた時のことだ。夜行列車でパリからミュンヘンに向かった。ほぼ、東に移動することになる(それ以上北は寒くて行けなかった)。駅に着くと宿探し。すんなり決まったが、当時のドイツの通貨であるマルクはレートが悪かった。こだわっても仕方がないので街に出た。大学一年の時に第2外国語で選択したドイツ語の教科書の表紙の写真の街だった。赤い屋根、石造りの建物。何とも言えない気分で、僕は街の中心にあるPubに寄った。席に着き、黒ビールを頼むとうまい(日本の黒ビールは駄目である。コクが違う)。すると、僕の前のテーブルに朝からリンゴ酒を飲んでいるおじいさんがいた。みんな朝から飲んでいるのでそれ程気にならなかった。勘定を払い、郵便局へと寄った後、理工学博物館に向かった。旅の前に友人から面白いと聞いていた場所だ。

 実際に、理工学のいろんな実験が、手間無く行えるのである。オームの法則を体験したりもした。また、さすがはゲルマン民族と、驚きもした。

 昼過ぎの宿への帰り道、僕は行きに寄ったPubに寄り、同じ席でビールを飲んだ。すると、前のテーブルでは、まだ、おじいさんがリンゴ酒を飲んでいた。僕に気付いたおじいさんはドイツ語で「ミュンヘンは気に入ったかい?(多分)」みたいなことを尋ねてきた。私は、「Ya!(はい!)」と言って乾杯して宿に戻った。ドイツは(寒かったけれど)居心地のいい国だと感じた。

|

« 寺に行く | トップページ | 『Katsu』の味 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006677

この記事へのトラックバック一覧です: ミュンヘンの街:

« 寺に行く | トップページ | 『Katsu』の味 »