« メリークリスマス | トップページ | 友情Ⅱ »

料理熱

 圧力鍋を買ってからというもの、お袋の料理魂に火が付いてしまった。レシピ本を二冊も買ってきて研究している。そして、訳の分からない香辛料なども入れて、調理している。美味しいのはありがたいのだが、五日のうち四日は圧力鍋で作るものを食べるようになった。いくら何でもこれでは疲れてしまう。材料費も気になる。

 例年なら、クリスマスはケンタッキーぐらいで済ましていたのだが、今年は韓国料理の鶏肉だった。名前は忘れたが、辛くもなく、うまい料理だった。なにせ、私は辛い物は駄目なのである。酒飲みだから甘い物も嫌いだが、それ以上だ。後は、熱い物も苦手である。猫舌と言うより、口の中に水ぶくれを作ってまで食べる気がしない。・・・こんな事ばっかり言っていたら食べるものがなくなりそうだが。

 一方で、愛犬の弥七君は何でも食べる。特に肉には目がないのだが、肉以外でも何でも食べる。タマネギやチョコレートなどはやってはいけないのでやらないが、トマトとか空豆とか、意外なものを好んで食べる。一番好きな果物のは柿で、母が皮をむき出すと、どこからとも無く現れる。そして皮まで食べる。

 しばらく母の料理熱は冷めそうにない。黙って美味しく頂くのだが、調理器具一つでここまで変わるとは、女性とは不思議な生き物だと感じる。

|

« メリークリスマス | トップページ | 友情Ⅱ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006624

この記事へのトラックバック一覧です: 料理熱:

« メリークリスマス | トップページ | 友情Ⅱ »