« スクールウオーズを観ていて | トップページ | インフルエンザワクチンの予防率 »

リニアモーターカーのルートについて

 一番最初にリニアモーターカーが中部地方を走ると聞いたのは二十年くらい前だった。当時の私は、何であんな何にもないところを走らすのだろうかと疑問に思った。故金丸議員の地盤でもあり、ゼネコンなどの後押しもあったからだろうと、当時の私は考えた。

 上の主張も間違ってはいないだろうが、街というものの成り立ちについて考えてみた。まず駅が出来て、商店街が出来、人々が住み始めるという順番なのだ(シムシティーをやったことがあればよく解ると思う)。これが逆になると、用地取得などで膨大な手間と時間と金が掛かる。その点、中部地方を通るというのは理にかなっている。

 間抜けな例が東北新幹線の新八戸駅である。地元の方に聞いたら、八戸駅からシャトルバスに乗らないとならないらしい。それ程、郊外に出来ているそうだ。これでは新幹線の意味がない。

 リニアモーターカーと言えば夢の乗り物である。動力は電磁石である。ここでふと思ったのだが、磁気に弱い物や人体に害はないのだろうか。ピップエレキバンみたいに、乗っていたら血行が良くなり、肩こりが治る、などと考えるのは間抜けかも知れない。時速500Km/h超の世界とはどんな世界なのだろう。また、私はどうせ造るなら直線ルートが望ましいと思う。現代人とは、それ程、スピードに追われて生活している。

|

« スクールウオーズを観ていて | トップページ | インフルエンザワクチンの予防率 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006627

この記事へのトラックバック一覧です: リニアモーターカーのルートについて:

« スクールウオーズを観ていて | トップページ | インフルエンザワクチンの予防率 »