« 擦り傷なのか? | トップページ | 元を取る »

たこ焼き

 こないだ、久々にたこ焼きが食べたくなって、店で買って食べてみた。たこが昔よりも小さくなっているのにショック。まあ、美味しく召し上がった。しかしたこ焼きとは不思議である。定義がよく解らないのだ。一概にたこ焼きと言っても、千差万別である。

 お袋が関西のせいか、我が家で作るたこ焼きとは、いわゆる明石焼き風だった。関東のたこ焼きに比べて、卵焼きのような印象を受ける。それをソースをつけてからダシに入れ、食べたものである。ダシ自体も味は良かったが、味付けはホンダシか何かだろう。

 神戸のセンター街の店で、明石焼きを食べまくった記憶がある。食べ方は同じだった。お袋曰く、それが通の食べ方だそうだ。卵焼きにタコを入れた感覚で、ダシで食べるのもなかなかよい。

 大阪に遊びに行ったとき、道頓堀で日本一のたこ焼き屋があったが、まずかった。私は名神の吹田SAで売っているたこ焼きの方が好きだ。去年、親父に勧めて、親父が旨そうに食べていた記憶がある。あの頃が懐かしい。あれが関西風たこ焼きなのだろう。

 関東には油で揚げて、食感を良くするたこ焼きがある。冷めたら食べられたものではないが。それにしても、たこ焼き屋がタコを小さくしたらすぐ解るのは何故なんだ。

|

« 擦り傷なのか? | トップページ | 元を取る »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006612

この記事へのトラックバック一覧です: たこ焼き:

« 擦り傷なのか? | トップページ | 元を取る »