« たらたらと | トップページ | 受験での時計の使い方 »

しりとりの勝ち方

 私がガキの頃に、家族でドライブに行くと、よく『しりとり』をしたものだ。順番は父→私→弟→母→父だったと思う。普通に、無邪気に『しりとり』をするのもいいが、父はどんなゲームでも勝ちに来る。必殺技として、ラ行当たりのどれか一文字を集中して浴びせてきた。

 例えばラ行の『ル』の場合、はこんな感じだった。

 エストニア→アー→ルビー→ビー→ルーレット→トーテムポー→ルター→ター→ルーズ→ズ→ルーパー→パー→ルー大柴→バザー→ルーター→タージマハー→ルックス→スルー→ルー→ルーチンワーク→クー

 などと、きりがないくらいに同じ『ル』で攻めてくるのである。『しりとり』の厳密なルールは知らないが、名詞に限ってやっている中、小学生相手にここまで勝負にこだわらなくてもいいと思うのだが。まあ、『しりとり』で勝つ為のテクニックではある。

 もう一つの必殺技は禁じ手なのだが、地名をでっち上げてしまうのだ。架空の地名を言って、「これはばあちゃんちの島にある集落の名前だ」などと強気で押し通すのである。・・・ただし、これをやってしまうと、友達を無くす可能性があり、余りお勧めできる技ではない。

|

« たらたらと | トップページ | 受験での時計の使い方 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006587

この記事へのトラックバック一覧です: しりとりの勝ち方:

« たらたらと | トップページ | 受験での時計の使い方 »