« ミッション | トップページ | オバマ氏の演説と国政と »

ワクチンのLot.No.について

 先月上旬に風邪をひき、体調を崩したこともあったので、用心のためにインフルエンザの予防接種を受けてきた。内科で受けるのが本来の形なのだろうが、一時間半も待つ気にはなれなかった。そこで、お世話になっている整形外科でサラリと済ました。

 血液検査などで血を抜く事には慣れてはいても、体内に打ち込む注射というのは、普段、あまり受けない。去年は痛かった記憶があるが、今年は何ともなかった。注射及び注射針を観てみても、極めて細い。書類にサインをしたら、あっという間に済んでしまった。

 注射していただいたワクチンはインフルエンザHAワクチンであるが、私はずっとワクチンのLot.No.が何を意味するのか不思議に思っていた。薬局の人に聞いてみると、そのワクチンの製造元などが解るようにするためのナンバーだと伺った。なるほどな、と思うと同時に、そういえば昔のタバコにも、同じ目的でに四桁の数字が書いてあったな、と懐かしく思った。私は日本のタバコは、どれも嫌いなので、市販されている洋モクを吸うが、今日、吸っているタバコを観ると四桁の数字は無かった。バーコードか何かで解るのだろうか。

 帰宅して、予防接種が手際よく言ったことを伝えると、母も受けると言う。今度、また、買い物の足にされるときに連れて行ってあげようかと思う。その病院では、私の高校時代の友人のおばさんが働いているのだ。とても、思いやり深い方である。

|

« ミッション | トップページ | オバマ氏の演説と国政と »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006577

この記事へのトラックバック一覧です: ワクチンのLot.No.について:

« ミッション | トップページ | オバマ氏の演説と国政と »