« 英語で散髪は? | トップページ | 墓参り »

ワールドシリーズと田口

 今年のワールドシリーズはフィリーズがレイズを下して優勝した。フィリーズには田口選手、レイズには岩村選手がいて、どちらが勝っても、また日本人選手がチャンピオンズリングを手に入れることになっていた。日本人選手が優秀なのか、チームが良かったからなのかは解らない。ただ、嬉しい限りだ。

 ところで、田口選手はこれでワールドシリーズ三回目である。カージナルスで二度、そして今回のフィリーズで三度目である。出場したのかどうかは解らないが、日本人選手で、唯一、彼だけが二度ワールドシリーズを制覇したことになる。前回のカージナルスの時には、バットを放り投げて走者を生かす活躍などもあり、試合終了後に、球場で、子供さんを抱えている写真などを観て、その笑顔のはじける姿が輝いていた。今回はどうなのだろう。

 そもそもW.S.に三回出場して二回制覇というのも、田口選手は強運の持ち主である。いずれのチームも、最初から強かったわけではなく、移籍した先が良かったのかとも考える。しかし、私個人では、田口はW.S.を引きつける男として認識している。ベンチに田口がいるだけでW.S.に出られるのだから、非常に貴重な選手だ。

 田口選手は当初、日本のオリックスにいたが、入団当時は守備に問題があり、内野から外野にコンバートされた。生き残れるのか心配だったが、見事レギュラーを獲得し、オリックスの日本一にイチロー選手と共に貢献した。その後、海を渡り、メジャーに挑戦することになったが、ここでも彼はしぶとく生き残った。そんな田口選手であるが、そろそろ引退も近いのではないか。一日も長い活躍を期待している。

|

« 英語で散髪は? | トップページ | 墓参り »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006568

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドシリーズと田口:

« 英語で散髪は? | トップページ | 墓参り »