« 男女間の恋愛について | トップページ | マサイ族の若者と蜂の巣取り »

方言について

 今の日本の標準語は東京中心である。NHKで使われている言葉などが模範的とされる。しかし、地域々々では方言というものが混在するのも事実だ。人々は愛着を持ってその土地の言葉を使う。

 津軽の方言と松江の方言が似ていると聞いたことがある。松本清張の小説では、昔の言葉が京都を中心に日本全国、同心円状に広がっていったことがトリックとなっていた。

 私は幼少期を広島で、両親は神戸出身で、そして関東で暮らしてきたから、言葉がごちゃ混ぜになっている。いずれも厳密ではないのだが、それはそれで面白い。広島の言葉は男言葉に聞こえるし、神戸の言葉はしゃれているし、京都の言葉は女言葉に聞こえるし、関東の言葉はTVでおなじみである。

 しかし、言葉が汚れてきたと感じるのは私だけであろうか。それは文化の退廃を物語っている。汚れたと言うより崩れたのか。「尊敬語」「丁寧語」「謙譲語」などというものは消えてしまった観がある。私がこれまで知り合ってきた中で、年上にタメ口をきく奴は、ことごとく駄目であった。けじめの問題かも知れない。

 何はともあれ、言葉には、その人の品格が出ると思うのだが。

|

« 男女間の恋愛について | トップページ | マサイ族の若者と蜂の巣取り »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006565

この記事へのトラックバック一覧です: 方言について:

« 男女間の恋愛について | トップページ | マサイ族の若者と蜂の巣取り »