« お前等何なんだ!! | トップページ | ジョウソウ教育? »

『千の風になって』と散骨

 散骨は、日本では違法である。しかし、海の沖合で密かにやっている人がいるとの情報を耳にした。具体的には知らないが、そういう方もいるとの話だった。生前の親父も、海に散骨してもらいたいと、本気なのか、半ば冗談なのか解らないが語っていた。私は「遺族を犯罪者にするなよ」などと言っていたが、気持ちは解る。

 『千の風になって』が大ブレイクしたが、散骨には、この歌の思想が反映されていると思う。一方の仏教では六道を巡るなどという考え方もあるが、本来は死後の世界を想定していない。死後の世界を認めないのに、なぜ、地獄絵図などという物があるのか、と、ある寺の住職に質問したこともあるが、住職は答えられなかった。私の推測では、日本的な解釈があったのだと思う。浄土教や浄土真宗は西方浄土といって、西の方角に浄土があると仮定した。これはきっと、天竺が日本から観て西にあるからではないか。また、我が家は浄土真宗だが、日本仏教で、一番何でもありな宗派だと思う。坊主の肉食妻帯を認め(ここは私は微妙に思う)、悪人正機説なども出てくる。これは、罪を犯した人でも、極楽浄土にいけるという考え方だ。親鸞聖人のいた頃の時代背景として、貧しく、食うに食われぬ状態の人々は、既に現世で苦しみを味わっている。その上、間引きなども、やむを得ずしてきた民衆が、その罪に依って死後も苦しめられるなら存在根拠が無くなる。それをフォローした考え方である。

 ややこしく書いてしまったが、要は死者が何を望んでいるのか、ということを遺族は受け入れなければならない。『千の風になって』もいいけれど、『千の波になって』もいいかもしれない。様々なるしがらみから解き放たれた死者の冥福をお祈りする。

|

« お前等何なんだ!! | トップページ | ジョウソウ教育? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006519

この記事へのトラックバック一覧です: 『千の風になって』と散骨:

« お前等何なんだ!! | トップページ | ジョウソウ教育? »