« 麻雀放浪記とイカサマ | トップページ | スナック菓子とカロリー »

ガソリンは安くなっているのか?

 数日前、いや、昨日のN.Yの原油相場が1バレル100$台まで落ちたという。最高で140$以上をつけていたものがだ。今月もそうだが、来月もおそらく、ガソリン価格は落ちるであろう。ひとまずの安心感と共に、これで本当に安くなったのか?という疑問を生じる。

 一旦、高騰したものが値下がりすると、我々はそれを安いと受け止めがちである。しかし、元値から考えると、異常に高騰したことには間違いがない。安くなったという錯覚は受けても、安いという実感は湧かないだろう。何処で誰が笑っているのかは知らない。一瞬でも安くなったというトリックが購買意欲を誘う。

 話は変わるが、タバコが一箱千円という議論も、かつてはあった。禁煙者は歓迎でも、喫煙者にはたまらない額である。喫煙者は、マナーを守っていても、どんどん隅に追いやられてゆく。これは差別だ・・・とまでは言わないまでも、共存できる道を探して欲しい。

 タバコが一箱千円というのは大げさにしても、700円位にはなると思う。やはり、千円と思いこませておいての、値下げというトリックだ。総選挙が近いから誰も何にも言わないが、間違いなくそうなると思う。しかしこれを安くなったと感じる人間は一人もいないであろう。

 

|

« 麻雀放浪記とイカサマ | トップページ | スナック菓子とカロリー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006513

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリンは安くなっているのか?:

« 麻雀放浪記とイカサマ | トップページ | スナック菓子とカロリー »