« 薄っぺらい本 | トップページ | お前等何なんだ!! »

おもちゃ箱の中の気分

 東急ハンズに行ってきた。十年ぶりぐらいである。必要な物を買いに行ったつもりが、その三倍ぐらいの物を購入してしまった。各フロアを上から順番にとことこ歩き回っただけである。歩いている中で、現在必要な物が見えてきて買ってしまう、というパターンだった。もちろん無駄遣いなどはしていない。

 それにしても不思議な店である。こんな物、誰が買うんだというような物が置いてある中で、自分の買っている物も、自分以外は買わないな、と気が付く。雑貨屋といえば雑貨屋なのだが、店内を見ているうちに、自分が巨大なおもちゃ箱の中にいるような錯覚を覚える。歩いて商品を見ているだけでも楽しく、時間を忘れる。

 何でも屋さんのようであるが、こだわりもある。スペアキーを作ってもらっている間に、ジッポ(ライター)のコーナーを観たが、あれだけの種類は観たことがない。同時に、品物の管理が大変だろうな、とも感じた。何処に何があるかを頭に入れるだけでも苦労しそうだ。実際に店員に聞いてみても、パンフレットを見ながら教えてくれた。

 建築学的にも面白いと思った。あの中二階の組み合わせのような作りは、スペースを有効利用できる上に、エレベーターも倍の数を置けるから、スムーズに店内を見渡せる。スムーズで心惹かれる物があれば、購入意欲も高まる。不思議な店だ。

 無駄遣いしないように注意しながら眺めてみると、なかなかに面白い。たったティーカップ一つの事でも話の種になるお店など滅多にないだろう。また、のんびり行ってみたい。

|

« 薄っぺらい本 | トップページ | お前等何なんだ!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006517

この記事へのトラックバック一覧です: おもちゃ箱の中の気分:

« 薄っぺらい本 | トップページ | お前等何なんだ!! »