« 何故か英語 | トップページ | らくらくホン »

文体で調子が解る

 毎日毎日、blogを更新するには、それなりのネタ入れも必要である。変わったことをしてみたり、あれこれと工夫する。それでもネタがないときには、話を作ってみたり、パワーがないときには一行で済ませたりする。斬新なものなど、なかなか出てこないのが現状だ。

 私は、他人に迷惑を掛けない限り、blogごときに多少の脚色があってもいいと考えるタイプである。そうでもしなければ、やってゆけない。逆の言い方をすると、いかにうまい嘘が書けるかというのも実力の範疇だと思う。バレなければいいのだ。日常生活でこんな事をやっていたら信用を失うのがオチだが、文章には、上手いフィクションの入れ方も重要である。そこら辺の、読者との駆け引きも楽しい。

 しかし、いつも私のblogを読んでくれているある友人から、「文体でお前の調子が解る」と言われた。それ以上は聞かなかったが、私は何か後ろめたい気がした。基本的に文体とは文章におけるリズムのようなものであるから、内容とは異なる。書く際に、私は、それ程、文体を意識しない。というより、解らない。なので、友人の指摘は鋭いと思ったし、痛いところを突かれた気がした。

 それだけ読んでくれていることには感謝したいが、文体で調子を見抜かれてしまったら、廃業である。バイオリズムみたいなものもあるが、見抜かれないように精進しないと。基本的に写実的に書いてしまうので、フィクションを入れないと。でも友人には嘘をつきたくない。何だか二重人格になろうとしている自分が怖い。

|

« 何故か英語 | トップページ | らくらくホン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006508

この記事へのトラックバック一覧です: 文体で調子が解る:

« 何故か英語 | トップページ | らくらくホン »