« リバウンドか? | トップページ | お彼岸か »

ATMの引き出し制限

 父の葬儀の後、名義変更までに時間が掛かるとのことで、銀行でおろせるだけの金をおろした。母も葬儀費用がいくら掛かるか解らない中で、私はお金を貸した。「そのお金は父の葬儀に使ってもいい」とまで言ったが、母は返すと行って聞かなかった。

 で、現在のATMは、一度に引き出せる額が50万ぐらいだったのだが、私は、これを振り込め詐欺対策と認識していた。しかし、どうやら目的はそれだけではないようなのだ。アメリカの大手証券会社が経営破綻し、世界中に株安の火花が散っている。

 私が知ったATMに関する説とは、大不況が起きたときに、皆が一辺にお金を引き出してしまうと、銀行が潰れるという説だった。こちらの読み筋の方が鋭い。昔、同じようなことが起きて、銀行に人がラッシュしたという話を聞いたことがある。それからもう一つ疑問がある。

 メールのパスワードでさえ苦労してややこしく作るのに、銀行の暗証番号は四桁のままだ。それだけセキュリティーに自信があるからなのだろうが、どうも危なげな気がするのは私だけであろうか?

 それにしても、アメリカで経営破綻した証券会社の資産が数十兆円なのには驚いた。これだけの規模の破綻なら、これから先も景気の見通しが明るくない。

|

« リバウンドか? | トップページ | お彼岸か »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006529

この記事へのトラックバック一覧です: ATMの引き出し制限:

« リバウンドか? | トップページ | お彼岸か »