« いい父の日 | トップページ | 都合を合わせる »

祝・羽生永世名人誕生

 二年続けて永世名人が誕生するとは・・・それだけ、実力が拮抗していることを物語っているのだろう。永世名人にふさわしい人が永世名人となった。多くの方が指摘する通り、今回の名人戦では七冠を取った頃のような、勝負師魂というか執念のようなものが、羽生新名人にはあったと思う。ドラマチックな名人戦であった。

 今回の名人戦の将棋そのものは、ズブの素人である私には皆目解らなかった。棋譜を追うごとに、頭が混乱した。将棋の内容よりも、ライバルである二人が繰りなす壮絶なる死闘が印象的だった。化け物のような頭脳同士の、頂上での男の意地のぶつかり合い。そんな二人の対局する姿は、この上なく美しかった。

 以前、七冠を究めたときの羽生新名人は、それをいつまで維持するかということが話題になったが、すぐに現A級の三浦八段にタイトルを取られた。それから、同じく現A級の谷川九段に竜王位と名人位を取られている。当時は、強烈な目標達成の反動から、無意識のうちに将棋が緩んだと言われた。今回はどうなるのだろうか。

 しかし、何がどうあれ、十年以上に渡って、将棋界の王様は羽生なのだ。それは、記録も証明している。タイトル戦があれば羽生がいて、ライバル達と、しのぎを削っている姿ばかりが頭に浮かぶ。七冠、永世名人と来て、羽生新名人の次の目標はどうなるのか。また今期の名人戦のような熱い戦いをファンは待っている。

|

« いい父の日 | トップページ | 都合を合わせる »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006448

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・羽生永世名人誕生:

« いい父の日 | トップページ | 都合を合わせる »