« プロレスについて | トップページ | タイムマシーンは存在しない »

うどんとそばと西と東と

 私の両親が関西出身ということもあって、我が家では結構、薄味なうどんを食べてきた。しかし、そばに関しては、関東風の味付けである。したがって、私も、そばは関東風、うどんは関西風の味付けが好きになった。今日はうどんとそばに関して考察してみる。

 私の知っている限り、『立ち食いそば』というのは聞いたことがあるが、『立ち食いうどん』というのは聞いたことがない。店でもネーミングからか、ついつい、そばを頼んでしまう。しかし、カレーを入れる場合は必ず、うどんを頼む。なぜだか解らないが、カレーうどんは良くても、カレーそばは口に合わない。それから、カレーうどんはスタミナを付けたいときに食べるのだが、服に付かないように食べるのが大変でもある。もちろん、カレー以外でも、うどんを食べたいときには、うどんを頼むが。

 自分はダシの濃い、そば派だと思っていたのだが、四国の香川県を旅したときに、『さぬきうどん』なるものに感心した。安くて早くて味がいいのである。私が食べたお店では、(多分、みりんを入れていると思うのだが)ダシが甘かった。それがコシの入ったうどんと絶妙に合うのである。家に宅急便で送った記憶がある。

 また、うどんもいいけれど、名古屋のきしめんも捨てがたい。うどんよりヒラヒラしていて、ダシを絡ませるには最適である。

 私が車の旅をするときは、朝はバナナで、昼は抜き、夜にご当地ものをしっかり食べる。日本のご当地ものを覚えたのは、ゲームの『桃鉄』によるところが大きい。後は、現地の方に聞いて食べる。そんなことを考えていると、また旅立ちたくなってきた。

|

« プロレスについて | トップページ | タイムマシーンは存在しない »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006430

この記事へのトラックバック一覧です: うどんとそばと西と東と:

« プロレスについて | トップページ | タイムマシーンは存在しない »