« blog一周年 | トップページ | 屈辱、八連敗 »

街の文化度

 私は、初めて訪れる地では、必ず本屋をチェックする。地方では大型ショッピングセンターなどがあり、把握しづらいが、それでもチェックする。東京とか大阪などは、参考にならないかも知れないが、小さな街に行ったら、まずは本屋のチェックから始める。

 個人的な意見だが、本屋の質というものは、その街の文化度を表している気がしてならない。いい本と悪い本との定義は、人それぞれだから一概には言えないが、そういうときは古本屋に置いてある本の質をチェックする。学生街などにはいい古本屋が多い。

 私が『この街はいい本を置いているな』と思っても、そのコーナーには人がまばらなことが多い。みんな雑誌とかのコーナーに集まっている。これでは宝の持ち腐れだろうと思うこともよくある。雑誌は込んでいても、専門書や文庫本のコーナーは案外空いているものだ。

 私が一番、感心した街は神戸である。繁華街ということもあろうが、古本屋に並べられていた『岩波文庫』の量が半端ではなかった。それなら東京の神保町だってそうだろう、とおっしゃる方もいるだろうが、趣が全く異なる。

 街の文化度は本屋の質で決まると考えているが、アメリカの本屋にはろくなものが置いてなかった。日本史の本を買ってみたが、淡泊であった。

|

« blog一周年 | トップページ | 屈辱、八連敗 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006441

この記事へのトラックバック一覧です: 街の文化度:

« blog一周年 | トップページ | 屈辱、八連敗 »