« 帰ってこれない | トップページ | 通風の恐怖 »

天変地異と人災と

 昨日、午前8:30頃、M6.9 規模の、『岩手・宮城内陸地震』なるものが東北地方で起きたとか。亡くなった方や怪我をされた方、心よりお悔やみ申し上げます。もし、現在、忙しくなかったらボランティアにも参加したいのですが、できないことが残念でなりません。

 それにしても地球規模で天変地異が発生しています。ミャンマーのサイクロンによる被害、先月中旬に起きた中国の『四川大地震』、気温の激しい変動、季節外れの台風。数え上げたらきりがありません。ミャンマーでは被害直後に、己の政権が揺らがぬ為に、海外からの支援を一切拒否してきました。これにより、一番辛い思いをしたのは、立場の弱い人々でしょう。また、中国の地震は人類史上最悪の地震である気がしてなりません。この地震では学校が崩れ、やはり、無力な幼い命が、多く奪われたという報道を耳にしました。いずれの災害に対しても心からお悔やみ申し上げます。

 天変地異は予測が難しいですから、対応するのが難しいです。また、同時に訳の分からない人間が凶悪な犯罪を起こすことも増えています。日本では、先日起きた秋葉原での無差別殺人事件は社会のゆがみと共に生じた気がしてなりません。また、アメリカでも大学などでの銃の乱射事件が後を絶ちません。人々の狂気が、渦となって社会のゆがみとなっている気がしますし、残念ながら、こういう人災も、天災と同じく予測が立ちません。

 気軽に街を歩けないというのも、何だか哀しいご時世ですね。

|

« 帰ってこれない | トップページ | 通風の恐怖 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006444

この記事へのトラックバック一覧です: 天変地異と人災と:

« 帰ってこれない | トップページ | 通風の恐怖 »