« 祝・羽生永世名人誕生 | トップページ | 法と次元とeと »

都合を合わせる

 夏に友人がやっている草加駅前の飲食店『Katsu』で、友人みんなが集まることは、以前の飲み会で決まった。いつも私が幹事をやるのだが、昨日、私にしては恐ろしいほどのメールのやりとりがあった。もし、迷惑に感じている友人がいるなら、この場で謝罪する。

 しかし、いずれも職の異なる個性的な八人の幹事とは生やさしいものではない。もちろんみんな合わせてはくれるのだが、みんな忙しすぎるのだ(というより私が暇なのか・・・)。とりあえず七月か八月か九月かでもめていたのだが、八月か九月になる模様。それならば、私は、とっとと小説を仕上げて旅行にでも行きたい。

 一方で大学の研究室のOBからハガキが届いた。指導教授の退任を祝って帝国ホテルでやるとか。よく見ると会費が16000円。とてもじゃないけれど行く気にはなれない。正直言って、もう見切りを付けようかとも考えている。・・・これ以上は悪口になるので書かない。

 友達とはありがたいものだ。それに、私の友達は絶対に嘘をつかない。一見、当たり前のようなことだが、実はこれが一番大切なことなのだ。正直であれば人からも信用されるし、何より、自分自身の心の余裕が違う。この心の余裕というのは結構、重要で、やはり物事がいい方向へと進む最低条件のようなものでもある。もし、「嘘を誓う」としたら、論理学的にそれが本当か嘘なのかは明白ではなくなる。まあまあ。

|

« 祝・羽生永世名人誕生 | トップページ | 法と次元とeと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006449

この記事へのトラックバック一覧です: 都合を合わせる:

« 祝・羽生永世名人誕生 | トップページ | 法と次元とeと »