« 『Why?』について(文明編) | トップページ | さつきとメイ »

原子力とエネルギーと環境と

 ずいぶん昔、原発について激しく討論された。当時高校生だった私も、友人と色々話した覚えがある。旧ソ連のチェルノブイリ原発で事故が起こり、甚大な被害が出た事もあったが、日本の原発に比べると安全基準が雲泥の差だったので、それを引き合いに出すのはおかしいとは思った。もちろん、原発である以上、最悪の事態も予期せねばならないのは当然だが。当時も今も私は推進派なので、反対派の奴とは、いつも討論になっていた。日本人が核アレルギーな事もあるが、彼らの多くは間違った情報に根ざしていた。

 それから数年後(ということは十数年前)、大学院のレポートで原子力とエネルギーと環境について書いたことがあった。当時の話題であった高速増殖炉「もんじゅ」についても、資源の有効活用という面で賛成だと書いた。電気というものがこれだけ普及してしまうと、もう、人間は電気なしでは生活できない。ゲームのシムシティをやっても、最初につくるのが発電所だ。そうなってくると、様々な発電方法がある中で、原発を利用しないのは、国のエネルギー戦略上、得策ではない。また、当時は今ほど世界中が環境問題に危機意識を持っていなかったし、原油価格もずっと低かった。レポートでは21世紀の市場はアジア(特に中国)しか無いとも触れたし、その上で日本の持っている環境技術もビジネスにすべきだと書いたが、こちらはまだ採算がとれないのか、環境汚染は深刻である。

 まあ、原子力をクリーンエネルギーと言うのには抵抗があるが、やれ、水力だ風力だ太陽電池だという方は発電規模について考えた方がいい。って、シムシティでは老朽化した発電所は爆発してしまうが(これはあくまでもゲームで現実的ではない)。

|

« 『Why?』について(文明編) | トップページ | さつきとメイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006398

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力とエネルギーと環境と:

« 『Why?』について(文明編) | トップページ | さつきとメイ »