« もう数学なんていらない!? その2 | トップページ | 友人のおみやげ »

選抜クラスと馬鹿クラス

 私の通っていた中高一貫の男子校には、成績のいい者を選抜したクラスがあったが、私は一度もそこに入ったことがない。どころか、学年でも屈指の遊び人達が集まるクラスにいつも入れられていた。中学の頃は選抜クラスに入りたいと思うこともあったが、遊び人が集まるクラスも楽しかったので悪くはなかった。高二から、理系と文系に分かれ、三クラスずつになった時も、それぞれ、選抜クラス、普通のクラス、馬鹿クラスに分かれていた。私は一度も馬鹿クラスを外したことはない。勉強せずに、バクチばかりやっていた。

 文武両道の学校だったので、スポーツも盛んだったが、体育祭の時になると、馬鹿クラスの連中は、選抜クラス相手に異常に燃えていた。騎馬戦の時など、私は相手の馬の足を蹴飛ばした覚えがある。相手に蹴飛ばされ返された時、喧嘩になるんじゃないかと思ったのか、監視していた教師数人が寄ってきた。その間、私はじっとしていたが、教師達が立ち去ったときに、もう一度、私は相手の足を蹴飛ばした。もちろん、お互い、怪我をしないように蹴る。男子校の体育祭なのだから、これぐらいの気合いがあってもいい。

 受験結果といえば、当然、選抜クラスがダントツにいいのだが、不思議なのは、普通のクラスよりも馬鹿クラスの一部の方が結果がよかったのだ。思うに、普段は遊んでいても、真面目に勉強したら、そこそこできるという奴がいたからだろう。まあ、そういう奴は、ほとんど浪人してはいたが。

|

« もう数学なんていらない!? その2 | トップページ | 友人のおみやげ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006423

この記事へのトラックバック一覧です: 選抜クラスと馬鹿クラス:

« もう数学なんていらない!? その2 | トップページ | 友人のおみやげ »