« 10タテを食らって | トップページ | アウトバーンに速度制限 »

日めくりカレンダーの思い出

 カレンダーと言えば、何かの関係で頂いたり、購入する場合は、主として年末にまとめ買いしたりする。購入する場合、用途に応じて、デザインで選んだり、予定を書き込める物を選んだり、と様々である。どのカレンダーを、どの部屋に貼るかについても、あれこれ考えてから選ぶ。一月単位の物も必要だし、年を通しての物も必要である。しかし、最近は、一日単位の日めくりカレンダーは余り見ない。

 私が小学生の頃だったか、何かの縁で、日めくりカレンダーを頂いた。企業の名前が書いてある固い台紙の上に、まさに365日分の紙の日付が、ぶ厚く乗っかっていた。枚数が多い分、日付の紙は薄っぺらかったが、その日についてのいろんな事が書いてあった。確か、台所に貼られていたと思う。珍しいのと、一日ごとに一枚破るというのが新鮮で、毎日剥がすのが楽しみだった。そのために私と弟とで喧嘩になったこともある。だから、その一年は、一日も欠かさずに日めくりカレンダーが剥がされ、珍しく母が感心していたものである。

 しかし、子供の興味なんて、すぐに他に行ってしまう。翌年も、台所に日めくりカレンダーが貼られたのだが、弟も私も剥がさなくなり、日付が五日前になっていることなど、しょっちゅうだった。こうなっては意味がない。剥がし忘れる位なら、最初から貼らない方がいい。

 何か、日めくりカレンダーには「毎日を大切にしろ」というメッセージ性がある気がする。

|

« 10タテを食らって | トップページ | アウトバーンに速度制限 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006373

この記事へのトラックバック一覧です: 日めくりカレンダーの思い出:

« 10タテを食らって | トップページ | アウトバーンに速度制限 »