« 文庫本の思い出 | トップページ | おい、八 »

ゴルフボール

 私の家の側にゴルフ場がある。質が悪いので大会などには使われない。その何番ホールか知らないが、打ちっ放すところがある。そこには、球の軌道がそれた場合のために、フェンスが設けてある。フェンス越しに被害が出たということは聞いたことがないが、それでも大きなフェンスの向こう側に打つ人がいた。子供の頃に探してみたら、いらないくらいにゴルフボールを集めることができた。

 ゴルフのどこが楽しいかと言われても、即答できない。詳しくないこともあるだろうが、武田鉄矢さんは「球を穴に入れる面白み」と、男性的な意見を語っていた。それなら、ビリヤードもそうだろうと考えたが合点がゆかない。少なくとも僕は、球技に女性を連想することはないし、やっている最中は夢中である。その末に女性がいるのか、それ以前に女性がいるのかも知らない。

 スポーツを男女関係に重ねるのも面白い発想だが、子供の頃の私は、『何であんなにゴルフボールは固いんだろう』という一心で、カッターを取り出して分解してみた。すると、厚いゴルフボールの下には、ゴム紐が巻かれており、それを取り除くとちょっとだけ水の入った、ゴムの袋だけが残った。

 ある友人もガキの頃に同じ事をして、カッターで手を切ったと言っていた。似たもの同士なのを感じると共に、ちょっとした好奇心を試してみることの大切さを感じた。

|

« 文庫本の思い出 | トップページ | おい、八 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006379

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフボール:

« 文庫本の思い出 | トップページ | おい、八 »