« 将棋セット購入 | トップページ | 見切りガッツポーズ »

眼医者の眼

 眼鏡をつくるために眼医者に行くことはあっても、眼の病気で眼医者にかかるのは、いつ以来か記憶になかった。十五年以上前にコンタクトをつくりに行った近所の眼医者に、こないだ行ってきた。待合室で一時間ほど待つと、まずは眼の検査をした。

 いくつか検査をしたが、視力の検査で、例の右とか下とかいう表が、裸眼では全く解らなかった。結局、視力は0.09と、想像以上に悪かった。かつて、小学校の一年の時には、両目とも2.0だったのだ。多分、TVゲームのやり過ぎと、揺れる電車の中で読書していたのが原因だと思う。少しショックだった。

 その後に診察となったのだが、僕は驚いた。十五年以上前の、その眼医者の先生は、ちょっと嫌みな感じがしたのだが、今回観た感じでは、嫌みな雰囲気など微塵もなく、思いやり深く、やさしい顔立ちをされていた。実際に診察なども、すごく丁寧で、内心、『歳月は人を変えるというのは本当なんだな』と思っていた。

 診断は結膜炎とのことで、すぐに治る見通し。私は、もっと心配していた、ドライアイについて伺ったが、現在の所、問題ないとのこと。何でも、ドライアイというのは、パソコンなどに向かう際に、瞬きをする回数が極端に減ることが原因らしい。そういうことを、優しく教えてくださった先生の眼には、愛情が満ちていた。さすが眼医者だ(笑)。

|

« 将棋セット購入 | トップページ | 見切りガッツポーズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006391

この記事へのトラックバック一覧です: 眼医者の眼:

« 将棋セット購入 | トップページ | 見切りガッツポーズ »