« のんびりとした花見 | トップページ | きよしとよしき »

やすしのすしや

 とある駅の改札で友人と待ち合わせをしてから寿司屋に行った。パチンコで大勝ちしたのと、以前、新宿でごちそうになったことがあったので、その時の勘定は私が払った。その後も夜の街を満喫してから、二人でタクシーに乗り、我が家に向かった。その道中で不思議なことに気づいた。メーターの電源が入っていないのである。『白タクか?』と一瞬疑ったが、単に壊れていただけらしい。タクシーの勘定は友人が払ったのだが、通常より安い料金を運転手は提示した。降りてから私が「初乗り660円(当時)やろ!と強気に出るべきだったか」と言うと、友人は「それをやったら、やっさんや」と笑っていた。

 その後、私の部屋で話していても、やっさんの話題から始まった。なんでも、友人の近所の寿司屋の板さんが、やっさんそっくりらしいのである。私が、「それとなく教えてあげた方がいいんじゃねえのか」と言うと、「相手は包丁を持ってるからなあ」と友人が言い、二人で爆笑。二人してシャレを楽しむように「やすしのすしや」と言って笑った。

 では、仮に、やっさんが板さんをやっている「やすしのすしや」なるものがあったとしたら、どんなものになるだろう?のれんをくぐって、戸を開けると、スカイブルーのスーツを着たやっさんがいる。天井からセスナ機の小型模型が紐でぶら下がっている。水槽でも、ボートの小型模型がクルクル旋回している。カウンターに座って、頼むのが遅いと、「何でも頼まんかい、ワレ!」と言ってどやされる。やっさんだから、当然、酒を呑みながらニギる。ムカつくと鉄拳が飛んでくる・・・想像しただけでも、無理がある。やっさんにはやっぱり漫才しかない。

|

« のんびりとした花見 | トップページ | きよしとよしき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006365

この記事へのトラックバック一覧です: やすしのすしや:

« のんびりとした花見 | トップページ | きよしとよしき »