« 眼医者の眼 | トップページ | サラは朝おろせ »

見切りガッツポーズ

 塾講師時代に、数ヶ月に一度、本来は休日である日曜日にミーティングがあり、足を運んでいた。その時は本部の若い人も参加して、様々な問題について、みんなで話し合った。いろんな意見が飛び交う中で、すぐには解決しない事柄が多かった様に思う。

 ミーティングが終わると、昼食に、塾が用意した弁当を食べた後で、ボーリングに行ってから、焼き肉屋へと向かうことが多かった。半分は懇親会のような面もあったのだ。現在、私がボーリング嫌いなのも、その頃にやりすぎたからかも知れない。

 大体、私は高一の時に、あるボウリング場で177をマークしてから二十年以上、ハイスコアを更新していない。また、やはり高校生の頃、1ゲーム150円の時に、友人と一日で13ゲームやったこともある。その時のアベレージは130ぐらいだったと記憶している。

 さて、塾の関係者が、ボーリング場で、何レーンかに分かれたとき、私は本部から来ていた若い方と同じ組になった。そして、その人の順番が回ってくると、豪快なフォームで投げたと思ったら、いきなり、「よっしゃあ!」とガッツポーズをかましたのだ。球はまだピンまで届いていないのにである。すると、ストライク。私が「何なんですか今のは?」と聞くと、「見切りガッツポーズ。投げた瞬間に、ストライクを確信したときにやるんだ」と言うので大爆笑してしまった。その人は何回か「見切りガッツポーズ」をやっていたが、ある時に大きくハズした。すかさず、私が、「今のは空振りガッツポーズですね(笑)」と言ったのだが、ボウリング一つとっても、いろんな技(芸)があるものだ。

|

« 眼医者の眼 | トップページ | サラは朝おろせ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006392

この記事へのトラックバック一覧です: 見切りガッツポーズ:

« 眼医者の眼 | トップページ | サラは朝おろせ »