« 浮き世のルール | トップページ | 『Why?』について »

行きつけの鍼灸院

 たしか、本日をもって行きつけの鍼灸院が閉店することになる。もう、五年以上は通っていたが、無くなってしまうとなると、他の店を知らないので少し困る。まあ、その店の一人の先生が独立されるというので、そこに通うことになるのかも知れない。

 しょっちゅう通っていたわけではなかったが、いろんな先生にお世話になった。やはり、上手い人(自分に合う人)とそうでない人がいた。上手い方は手際が良く、凝っているところにピンポイントでビシビシ鍼を打ってくれていた。しかし、そういう方に限って、指名も多いのだろう。早々と独立してしまい、店から姿を消してしまうのが早かった。

 鍼にしろ、お灸にしろ、マッサージに比べると、本当に効いているかどうかは解りにくい。でも、鍼を打たれたときのツボに響く感触はやみつきになる。打ってもらった直後は、体が重だるくなるのだが、一晩寝ると、体は軽くなる。まあ、鍼は好き嫌いが分かれると思うが。

 私の場合、鍼灸院に通うのは、その効用だけが目的ではない。いろんな先生達と、いろんな会話をするというのも、いい気分転換になる。思えば、鍼やマッサージの先生方というのは、(話の)聞き上手な方が多い気がする。それも大切な要素なのだろう。

 さて、この後、ねぎらいに行こうか行くまいかで、現在迷っている。

|

« 浮き世のルール | トップページ | 『Why?』について »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006387

この記事へのトラックバック一覧です: 行きつけの鍼灸院:

« 浮き世のルール | トップページ | 『Why?』について »