« 『K.Y』だと? | トップページ | のんびりとした花見 »

野村ささやき戦術について

 現在、楽天(それまではヤクルト、阪神)の監督として活躍している野村監督だが、現役時代も凄かった。当時の南海ホークスで、捕手でありながら三冠王を取るなど、並外れた選手であった。捕手でも強打者はいるが、三冠王は野村監督だけではないか。

 現役当時の野村監督の戦術として有名なのが「野村ささやき戦術」である。聞いた話なので確信を持って言えないが、野村監督が捕手をやっていたときに、バッターに対して何やらボソボソつぶやくのである。勝手に「昭和枯れススキ」を歌ってみたり、「お前、次は、内角狙ってんやろ」と言ってみたり、「どこどこの店の姉ちゃんがよろしゅう言ってたで」などとささやいて、相手バッターの混乱を誘い、バッターは打撃に集中できなくなってしまうという、高度な心理戦だ。今でこそ捕手がバッターを観察して、配球を組み立てるのは当たり前になったが、野村監督はそれ以上の工夫をしていた。

 しかし、野村監督自身が言っていたのだが、この、無敵に思える「野村ささやき戦術」も、一流バッターには通用しなかったそうだ。集中力が違うと言うのである。典型的な例が長嶋さんの現役時代のことで、野村捕手がいくら「次は内角の直球やな」などと言って攪乱しようとしても、長嶋さんは、どこ吹く風、「このピッチャーいい球放るねえ」などと言って、相槌を打ち、あっさりと打たれたそうである。

 しかし、「ささやき戦術」が高度な心理戦であることに変わりはない。このエピソードを聞いた時、野村監督は麻雀も強いだろうなと思った。

|

« 『K.Y』だと? | トップページ | のんびりとした花見 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006363

この記事へのトラックバック一覧です: 野村ささやき戦術について:

« 『K.Y』だと? | トップページ | のんびりとした花見 »