« 愛国心とグローバリズム | トップページ | ゴルフボール »

文庫本の思い出

 小学校の時に通っていた塾の国語の問題の文章が面白くて、母にねだって本を買ってもらったことがある。だがそれは、あくまでも児童文学であった。先輩に江戸川乱歩が面白いと言われて一冊読んだが、イメージが湧きにくく、読むのが苦痛であった。当時の売れっ子であった赤川次郎も、立ち読みして5Pで本棚に戻していた。

 そんな塾へ向かうある日のバスでのこと、児童文学の冒険小説で、あるハードカバーの本を読んでいた私は、友達にからかわれた。「そんなに字の大きい本を読んで面白いのか」と。そいつは私よりも試験の点数がいい奴だった。悔しくて、やはり私は母に本が読みたいとねだった。今度は文庫本を読むつもりであった。本屋に行って、漱石の「坊ちゃん」、壺井栄の「二十四の瞳」、竹山道雄の「ビルマの竪琴」を買ってもらった。いずれも読破したが記憶には余り残っていない。印象に残ったシーンを絵に描いたりしたが、よく覚えていない。

 文庫本にすんなりと入っていけた私は、親父の本棚の本で、訳がわかるものは読んでいた。馬鹿にした友人が井上靖の「天平の甍」を読んでいたので、対抗して「しろばんば」を読んだこともある。しかし、クラスメイトの友人が星新一の「きまぐれロボット」を紹介してくれた時には、少し複雑な気持ちがした。作品がどうのこうのではなく、本に対して意地を張ること自体が馬鹿馬鹿しくなった。星さんの作品から、気楽に本を楽しむことを忘れていた自分に気がついた。・・・過去に読んだ本の内容はほとんど記憶しているが、無理をして読んだものは忘れてしまっている。と言うより、そんな意地などもういらない。

|

« 愛国心とグローバリズム | トップページ | ゴルフボール »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006378

この記事へのトラックバック一覧です: 文庫本の思い出:

« 愛国心とグローバリズム | トップページ | ゴルフボール »