« 日めくりカレンダーの思い出 | トップページ | 音楽的大局観について »

アウトバーンに速度制限

 アウトバーンとはドイツ国内に張り巡らされた高速道路網で、速度無制限という、世界でも珍しい形態を採っている所に特徴があった。しかし、ドイツ北西、ブレーメン市の一部区間で、120Km/hの速度制限を設けることになったらしい。根拠は、事故防止や環境問題への対策とのこと。確かに、車には速度と燃費のバランスが最もよいとされる経済速度があるから、それに近い速度制限を設けるというのは、環境対策としては理にかなっている。

 しかし、私が改めて驚いたことは、アウトバーンに関する限り、ドイツはスピード違反の税収無しで、これまでやってきたということである。アメリカでも州によっては、速度無制限というところもあるが、ド田舎でのことだ。他の国では、まず考えられない仕組みだろう。

 日本の名神高速では、滋賀県を通る度に、最低一台は覆面に捕まっている。何故なのか当初は解らなかったが、税収という見地に立てば、一つの推論が成り立つ。つまり、滋賀県は面積の1/4程度が琵琶湖の為、そこから税収が上がらない分、滋賀県警は張り切っている気がしてならない。だから、私は滋賀県では絶対に飛ばさない。

 第二東名・名神が必要かどうかは別として、以前、制限速度が140Km/hになる予定だと聞いたことがある。実現するかどうかは知らない。・・・何はともあれ不思議に思うのは、自動車会社は、何故、制限速度以上のスピードが出る車を造るのだろうか。思惑が知りたい。

|

« 日めくりカレンダーの思い出 | トップページ | 音楽的大局観について »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006374

この記事へのトラックバック一覧です: アウトバーンに速度制限:

« 日めくりカレンダーの思い出 | トップページ | 音楽的大局観について »