« 地図はパズルで覚える | トップページ | 大槻ケンヂとカレーとインド »

ノストラダムスの大予言は外れたか?

 ノストラダムスの大予言といえば、「1999年7の月、空から恐怖の大魔王が降ってきて、人類は滅亡するであろう」などという内容だった筈だ。子供の頃に友達を通じて知り、嫌な予言だと感じた。当時は冷戦時代で、いつ核戦争が起きて、人類が滅んでも不思議ではないという不安の中、妙に現実味があったのである。

 年を重ねるに従い、大して気にならなくなったし、実際に1999年が近付くにつれて、現実味がなくなり、一時期では、この予言をネタにしたギャグマンガのようなものさえ現れた。事実、人類は何事もなく新世紀を迎えたのだから、予言そのものは外れている。

 しかし、新世紀を迎えてまもなくのこと、2001年の9.11テロが起きた時、衝撃を受けたと同時に、この予言をぼんやりと思い出したものだ。ご承知の通り、ニューヨークのW.T.C.ビルに飛行機が突っ込んだテロである。・・・時期こそ多少は、ずれたものの、予言の中の、「空から恐怖の大魔王が降る」という部分が当てはまるような気がしたのだ。無論、テロの実行犯が、予言を知っていたのかどうかは知らないが。

 このように連想してしまうと、予言の最後の「人類の滅亡」についても考えさせられてしまう。9.11テロが引き金となったイラク問題を筆頭に、今日の我々は、相次ぐ紛争やテロ、環境問題など、劣悪かつ困難な諸問題に追い込まれる中で、急激に時代を見失っている気がしてならない。拠り所が無く、破滅的な現状を憂慮すると、必ずしも予言は外れてはいない面もあるのではないか。・・・このように考えてはいけないのは、解りきってはいるのだが。

|

« 地図はパズルで覚える | トップページ | 大槻ケンヂとカレーとインド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006351

この記事へのトラックバック一覧です: ノストラダムスの大予言は外れたか?:

« 地図はパズルで覚える | トップページ | 大槻ケンヂとカレーとインド »